自宅で介護しよう!在宅医療で本人も家族も最期まで幸せに!!

自宅で介護しよう!在宅医療で本人も家族も最期まで幸せに!!

在宅介護へのサポートは充実してきている

今は核家族の時代で、昔のように何世代もの家族が一つ屋根の下で暮らすという風景は少なくなりました。就職や結婚で家を出て、それぞれに住まいを設けることが当たり前で高齢者の独り暮らしも珍しいことではなくなりましたよね。一般的にはこうした時代だからこそ、親世代が介護が必要になった時には在宅で介護をするのは難しいといわれていますし、介護施設は不足しています。しかし、在宅での介護に対するサポート力は確実に上がっており、在宅医療を導入すれば万全のサポート体制で介護にのぞむことができるでしょう。

自分らしく生きられる

核家族の時代だからこそ在宅医療は価値があり、そのひとつの理由が本人が最期まで自分らしく生きられるからです。核家族が増えて、個人の生活スタイルを尊重する時代になりましたよね。好きなものを食べて、好きなテレビをみて、好きな時に寝る、このような生活というのは介護が必要となった場合、病院や施設ではまず実現することはないでしょう。気持ちが安定すると自然と免疫力があがり、寿命をも左右します。病院医療も大事ですが最期だからこそ自由にという選択肢も悪くないでしょう。

家族の絆は確実に強くなる

もうひとつの理由に在宅介護をしてると以前はろくに話をしなかった夫婦や離れて暮らしていた親子の関係が大きく変化することがよくあります。通院や入院から在宅医療に切り替えるとき、介護する人の負担というものを心配するものですが、介護をすることで今まで以上に親密なコミュニケーションが生まれ、相手に愛情が湧いてくる、夫婦の関係を見直すことができるようになるでしょう。また、親子の関係でも同じです。しかし、こうなれるのは暗く悲惨と言われていた在宅介護が終わり、サポート体制が充実してきたからです。在宅医療のサポート体制は医療から介護にいたるまでスペシャリストの集まりがサポートしてくれますから、家族としては心に余裕がうまれるので、こうした絆も深めることができるのです。きちんと知れば、介護は怖くありませんから、在宅医療の導入も検討してみましょう。

介護の求人を探す時には、専門的に求人を取り扱っているサイトがありますので、とても簡単に求人を見つける事が出来ます。